実例紹介

たっぷり収納で家じゅうスッキリ
愛犬も喜ぶ広々とした明るい住まい

南に大きな開口部を設けた縦長のLDK。キッチンから全体が見渡せ、開放感たっぷり

12kWの太陽発電を搭載。全量買取制度で家計も助かる

家づくりのきっかけは「4匹の犬の存在」とHさん。以前の家は和室続きのLDKで使いづらく、愛犬が増えるにつれ手狭になったそう。「だから、犬たちが自由に駆け回れる広々としたLDKは絶対条件。フローリングには、犬の足腰への負担をやわらげ、ひっかき傷を防ぐコーティングもお願いしました。」また、効率的な家事動線と豊富な収納で、細部まで使い勝手よく工夫されているのも特長だ。「キッチンカウンターの幅を広げて増やした収納とパントリーは大正解。物が出しっ放しにならず、スッキリと片付きます。」 また「幾らかでも犬にかかるコストの足しになれば」と注目したのが太陽光発電の全量買取制度。「光熱費の元が取れるし、利益も出ます。12kWのソーラーを載せてもらったのですが、北側斜線制限もあり、屋根の勾配や面積、素材まで全量買取に適合するよう設計するのは大変だったそうです。でも、デザイン面も含めてイイ感じに仕上げてくれました。」
住み心地に関しても以前との違いは歴然。「暑さも外の音も気にならないんです。レオハウスに決めたのは、営業さんの対応、会社の安定感、標準仕様、コスト、全てに優れていたからですが、間違いなかったと実感しています。」

キッチンと水回りの近さも家事ラクのポイント

軒が深いため、外出中の雨も安心。室内の物干しへの移動もスムーズで、ムダのない動きが計算されている

太陽光発電は、全量買取制度を利用

12kWのソーラーパネルを搭載するため、北側斜線を避けながら屋根面積を広げ、美しい外観に仕上げるという難しい条件を見事にクリア。軒を深く出すための壁の凸凹と、計算された窓の配置が趣のある表情を生み出している

大型収納を適材適所に設置。窓のあるオープン収納で、暗くなりがちな玄関も明るく

2階バルコニーとつながる吹き抜けを設け、採光と通風を高めるアイデアも秀逸。夏はバルコニーに面した窓を開ければ風が家中に通って涼しく、冬は暖かい空気が2階まで循環し、省エネ効果も高い

Proftile

Hさんご家族[夫婦+子ども2人]

  • 商品名 大人気の家
  • 建築価格帯 2,000万円〜2,500万円
  • 延床面積 127.93㎡(38.6坪)
  • 工法・構造 木造軸組
  • 竣工年月 2015年6月

実例紹介のトップへ戻る