実例紹介

立体的な空間構成が生み出す
圧倒的な開放感と住み心地の良さ

LDKはモデルハウスで見てひと目で気に入ったスキップフロアを採用

充実した収納やスムーズな動線など子育てへの工夫も満載

レオハウスに決めた理由を、「一番は営業さん」と口を揃えるF夫妻。「相談しやすいし、知識がとにかく豊富。しかも説明がとてもわかりやすかった」。自社だけを押すのではなく、他社の長所を客観的に教えてくれたことも、夫妻の信頼の理由に。「聞取りや部材を数パターンに整理して提案してくれたのも悩まずに選べて良かった。プロの手で、私たちの漠然としたイメージがカタチになっていくのは、とても楽しかったです」。
そんなF邸のテーマは「開放感+吹き抜け」。陽当たりの良い南側にスキップフロアのLDKを配置した、遊び心いっぱいの立体的な間取りだ。フロア間の段差が大きい分、DKからリビングへの見晴らしも爽快。段差を収納として活用することで、リビング回りの細々としたモノも片付けやすい。 また、リビングの裏側には、夫妻の洋服の多さを考慮して、幅4.5メートルのウォークインクローゼットを提案。「洋服をズラリと掛けておけるので、コーディネートも一目瞭然です」と夫人。「自由設計なので本当に柔軟に対応してくれた上に、カッコよくて価格も手ごろ。しかも制震ダンパーや吹付断熱といった仕様まで標準装備。遊びに来る友だちからも好評で、大満足です」と、とても嬉しそう。

玄関には汚れを気にせず大型の荷物もラクラクしまえる土間続きの収納

洗面台は脱衣室ではなく廊下に位置。誰かが入浴中でも使いやすい

現在は寝室に使っている2階洋室。子どもが増えたら2部屋に仕切れるよう設計

南側は庭とテラスがあり、LDKから出入りできる。昼は友人たちとパーベキューで盛り上がったり、夜はキャンドルを灯して星空を眺めたり。最高の癒しの場だそう

スキップフロアの段差を活用した収納や、引戸でリビングの延長や独立した空間としても使える部屋など、子育て世代にうれしい工夫もいろいろ

圧倒的な開放感の吹き抜けは最大高5.5m。高窓からの日射しで家の奥まで明るい。2階までぐるりと見渡せるから、キッチンにいても家族の様子がわかり、コミュ二ケーションもスムーズだ

Proftile

Fさんご家族[夫婦+子ども1人]

  • 商品名 大人気の家
  • 建築価格帯 1,500万円〜2,000万円
  • 延床面積 135.59㎡(41.0坪)
  • 工法・構造 木造軸組
  • 竣工年月 2015年7月

実例紹介のトップへ戻る