実例紹介

Illustration

Image

ゆとりの二世帯

二世帯の生活にゆとりを生む
伸びやかな吹き抜けと快適な動線

  • 吹き抜け
  • 二世帯
  • 3,500万円台

LDKは、日当たりの良い南に配置して十分な採光を確保し、伸びやかな吹き抜けで開放感を演出。
断熱性に優れた吹付発泡タイプの断熱材を使用しているため、
これだけの大空間でも寒い冬でも快適に過ごせているそう。
インテリアは木質感を活かして、シンプルで飽きの来ない空間に。

私たちが建てた家

変化に富んだ屋根と凸凹の壁面でリズム感を演出。

三連窓を多用し、そのバランスもこだわって端正な表情に仕上げ、屋根瓦はオレンジ色を選び、プロヴァンス風に。

東側の屋根に4kWhのソーラーパネルを搭載。

屋根には大型4kWhの太陽光パネルを搭載。機密性も高い家なので4電気代は月1万円以下。(※オール電化住宅)

完成した家の特徴

 70代後半という両親の年齢や健康状態も考えて、キッチンや水廻りは共有型を選択。子どもも独立しているため、部屋数は少なく収納は多く、二世帯でゆったりと暮らせるプランが工夫されている。特に目立つのが、効率良く家事ができ、親世帯も使い勝手の良い水廻りへの動線。
「長年いろいろな家に住んできたので、上手にいいとこ取りができました。また、レオハウスの提案でトイレは両親の寝室に一番近い場所に。廊下も車イスで通れるサイズです。」と夫人。三度の食事は一緒だが、適度なプライバシーが保てる間取りだから、毎日が快適だ。「帰宅する度に本当に良い家だなと感じます。満点の家づくりができました。」

構造柱を並べ、梁と色を揃えることでデザイン的なアクセントに。キッチンの目隠し効果も。

約3畳の畳コーナーは、床座の生活に慣れた両親がくつろげるようにと考えたもの。気軽に腰掛けられる高さだから、人が大勢集まったり、洗濯物を畳むときにも便利に使える。

親世帯から水廻りに最短で行ける動線を工夫。右は玄関からの坪庭。演出は夫人自ら考えた。

夫婦だけのリビング機能も持たせた主寝室。一面だけ壁のクロスを変えてアクセントに。

縦にも横にも広がりを持たせた玄関ホール。約5mもの吹き抜けと広い間口に驚かさせる。

主寝室に隣接したパウダールーム。トップライトで明るく、Rの下がり壁が印象的。

両親の生活スタイルを重視、程よい距離感の二世帯住宅

 同居にあたってSさんが考えたのは、両親が住み慣れた地域で快適に暮らせること。「近所の友人や親戚がよく来ますし、父は毎日のように畑仕事に出かけます。だから和室に、縁側のような感覚で腰掛けて気軽に世間話をしたり、お茶を飲んだりできる場所を設けました。」
そこは玄関から土間続きになっており、自由に出入りが可能。畑道具がしまえる土間収納も用意した。
また和室にはミニキッチンを設置。「互いに気兼ねなく暮らせるのが良いですね。」(Sさん)

構造柱を並べ、梁と色を揃えることでデザイン的なアクセントに。キッチンの目隠し効果も。

約3畳の畳コーナーは、床座の生活に慣れた両親がくつろげるようにと考えたもの。気軽に腰掛けられる高さだから、人が大勢集まったり、洗濯物を畳むときにも便利に使える。

依頼先の決め手

過去7回も引っ越しを繰り返してきたSさん夫妻。「父が体調を崩したことと、実家から通える場所に異動したのをきっかけに、同居を決めたんです。」
築50年以上経った実家の解体から新居の建築、外構まで依頼したのがレオハウス。
夫婦で住宅展示場を回るうち、営業担当者の対応や人柄の良さが印象に残った。
「わたしはもともと営業畑の人間です。上から目線や押しつけがましさが一切ないので、要望を気持ち良く伝えられました。また、複数のハウスメーカーを回った中で、同等の設備・仕様でレオハウスのコストパフォーマンスがとても良かったのも決め手です。」

1F

2F

Profile

Kさんご家族[ご夫婦]

  • 商品名 大人気の家SOLAR
  • 建築価格帯 2,000万円〜2,500万円
  • 延床面積 142.42㎡(43.08坪)
  • 工法・構造 木造軸組
  • 竣工年月 2014年2月