実例紹介

Illustration

Image

スキップフロアや多彩な空間活用で収納問題も解決!住宅のプロが選んだ家

  • 家事ラク
  • 子育て
  • 収納充実
  • 二世帯
  • スキップフロア
  • 3,000万円台

「リビングから丸見えのキッチンが嫌で」と夫人が話すように、目隠し効果もスキップフロアを選んだ理由。
ひとつながりの空間だから、家族の気配は自然に伝わる

住宅のプロが依頼先を決めた理由は「施工品質」。提案力にも満足

Oさんは、住宅補修の仕事を通して数多くの家を直に見てきた、いわば住宅のプロ。実家を二世帯住宅に建て替えるにあたり、夫妻が希望したのは、LDKをスキップフロアにするプランだ。「荷物が多いのに、以前の家は収納が少なくて。親世帯との兼ね合いで建築面積は増やせませんが、空間を立体的に活用すれば、収納も生活スペースも広げられます」と夫人。そこで、空間活用が上手い、という観点で依頼先を検討。その中で「夫が『施工精度は一番』と言うので、レオハウスに行ったんです。そこにスキップフロアのモデルハウスがあったので、後はトントン拍子でした」。 完成したO邸は、1階に親世帯、2階に子世帯の上下分離型。親子でも希望や好みが異なるので、基本的な事柄以外は別々に打ち合わせしたそうだが、どちらも限られた空間を最大限に活かすよう間取りが工夫されている。中でも、親世帯の寝室兼華道教室の部屋、2階に置いた子世帯のシューズインクロゼット、両世帯が行き来する廊下の書棚なども見どころだ。「収納問題の解決で、片付けや掃除も驚くほどラクになりました。レオハウスは提案も多彩。私たちのイメージ通りの家に仕上げてもらい、家族全員が満足しています」。

1F

2F

Profile

Oさんご家族[祖父+父母+夫婦+子ども1人]

  • 建築価格帯 3,000万円台
  • 延床面積 241.38㎡(73.0坪)
  • 工法・構造 2×4、2×6