戸建賃貸経営 それは賢い土地活用のかたちです。 Recalo

戸建賃貸経営
それは賢い土地活用のかたちです。

Recalo Land usage Partner

なぜ戸建賃貸は高い入居率が確保できるのか。 Recalo

なぜ戸建賃貸は
高い入居率が確保できるのか。

戸建賃貸への入居を希望する人が急増しています。その一方で、供給数は大幅に不足しており、戸建住宅経営は今後、賃貸住宅市場において一層の成長が見込まれると考えられます。現在、戸建賃貸は希少性が高い上、需要も多いことから、安定した入居率を確保することが可能です。

需要が高まっている今こそ土地活用をはじめるチャンスです。 Recalo

ご家族の今、そして将来を見据えて資産運用を検討している方も多いでしょう。もちろん、土地活用もそのひとつ。空き地や空き家など、眠っている土地を有効活用し、価値ある資産に変えていくことが必要です。そこでおすすめしたいのが「戸建賃貸経営」。長きにわたって安定した収入が見込めるほか、税金対策や資産分割対策などにも万全の備えをすることができます。需要が高まっている今こそ土地活用をはじめるチャンスです。

賃貸経営の新提案。土地の有効活用で将来の安定収入を。

  • 1

    今の暮らしに収入をプラス

    入居率の高さは安定した収入につながります。エリアによっては20%を超える利回りの確保も可能であり、暮らしにゆとりと安心、そして豊かさをもたらしてくれます。また、マイホームの建て替えを検討している場合であれば、家賃収入の一部をローン返済にあて、毎月の負担を軽減することもできます。安定的な収入を得ることはもちろん、さまざまなメリットがあるのも戸建賃貸経営の魅力です。

  • 2

    将来の暮らしに安定収入を

    これから先も、ずっと安心して暮らしたい。長い人生だからこそ、しっかりとした将来設計が必要です。年金に不安を抱える人が多い現在、積極的な資産活用で安定的な収入を得ることは何よりの支えになります。戸建賃貸住宅であれば、将来的に賃貸部分を子や孫家族の住居として利用することも可能であり、収入面の充実のみならず、心身の安定や楽しく豊かな暮らしを手に入れることができます。

なぜ戸建て賃貸は経営がよいのか。

戸建賃貸住宅の供給率は3.6%と低く、需要とのバランスに大きなギャップが生まれています。
家賃相場は、需給バランスで決まるため、低い家賃設定を行うことなく高い入居率が確保できます。

賃貸住宅の建築供給割合 お客様の望む住まいの形態 Recalo
戸建賃貸のニーズが高い理由
  • 敷地内に駐車場が設けられていることが多いので近隣に借りなくて済む
  • 趣味や書斎の部屋が設けられる
  • 戸建賃貸住宅は、コミュニケーションも取りやすくママ友が出来やすい
  • 落ち着いた子育て環境が持てる
  • 小さい子供がいても、上下階の音の問題を気にしなくて済む
  • 庭先でちょっとしたガーデニングや家庭菜園が楽しめる

Recalo 4つのポイント

レオハウスがご提案する「レカロ」は収益性の高い戸建賃貸住宅です。
希少性が高く、長期入居が期待できることから、これからの資産活用の大きな柱になっていくと考えられます。
戸建賃貸住宅経営は安定した収入、そして未来にゆとりと安心をもたらしてくれるはずです。

POINT01

遊休地を賃貸住宅にすると賢い税金対策ができます。

長い間活用されていない土地を利益を生み出す“生きた土地”にするためには「戸建賃貸住宅経営」という選択がおすすめです。空き地や青空駐車場といった遊休地にかかる税金を大幅に減らすことができ、家計にもゆとりが生まれます。

固定資産税が下がります

1戸あたりの敷地が200㎡以下なら、固定資産税の課税標準額は1/6(都市計画税は1/3)までになり、税負担が大幅に削減されます。※1新築の賃貸住宅の場合、一定の条件※2を満たせば3年間、住居部分(1戸当たり120㎡が限度)に相当する税額が1/2に軽減されます。

※1 負担調整措置がとられている土地の場合はこれと異なる方法で課税標準額が算出されます。
※2 住居用部分の床面積が一戸当たり50㎡以上280㎡以下(戸建以外の貸家の場合40㎡以上280㎡以下)であり、総床面積の50%以上であることなど。

賃貸住宅建築による固定資産税対策効果 Recalo

相続対策に有効です

税金対策とともに考えておきたいのが「相続対策」です。戸建賃貸住宅経営をすることで固定資産税の評価額が下がり、相続税の減税効果が見込まれます。さらに、戸建であれば相続時に建物をしっかりと分割することができるため、家族間の無用なトラブルを防ぐことができます。税金対策としてはもちろん、円満な相続のためにも賢い資産活用をすることが大切です。

  • 相続税対策

    賃貸住宅を建てた場合、所有する土地の相続税評価額は「貸家建付地の評価」により路線価のさらに80%程度に減額されます。建物についても「借家権割合」に応じて控除されますので、固定資産税評価額のさらに70%程度に減額されます。

  • 相続分割

    戸建賃貸住宅は、1棟ごとに分割して相続することができます。分割不可能な共同住宅と異なり、相続人がそのまま戸建賃貸を所有したい場合と売却したい場合のどちらにも有効な相続方法がとれます。

  • 生前贈与

    相続税率が高い方ほど、その税率よりも低い贈与税率で建物を贈与することにより節税が図れます。また、建物を相続人に贈与することで、自動的に今後の賃貸収入は相続人の収入となることで、将来の相続財産の前渡しができる(次世代への財産移転)効果もあります。

戸建であれば相続時に建物をしっかりと分割することができるため、家族間の無用なトラブルを防ぐことができます。 Recalo

POINT02

立地に左右されにくい。狭土地・変形地でも、土地に合わせて対応が可能。

戸建賃貸は敷地の形状に合わせてレイアウトを自由自在に組み合わせることができます。そのため、土地の活用効率が高く、より有効に土地を活かすことができます。狭くて活用しにくい土地でもレカロならOK!これまで活用できなかったような土地の有効活用が可能です。

土地の広さや形にも幅広く対応

狭い土地や変形地、また旗竿型の土地でもレカロなら効率よく建築することができるので、これまではあきらめていた休眠地でも有効活用ができます。

敷地に合わせたプランバリエーション

レカロは立地条件に最適なプランをご提案できます。たとえば、採光や通風だけでなく、入居者同士のプライバシーにも配慮。入居家族の構成やライフスタイルに合わせたプランをご用意しておりますので、地域特性に合わせたプラン選びや組み合わせが可能です。

プラン×組み合わせで実現する高い敷地対応力

どんな敷地でも対応可能な多彩なプランバリエーションを揃えています。20坪以上の土地であれば、駐車スペースを確保した戸建賃貸を建築できます。また、土地の広さ、向き、形状に合わせたプランの組み合わせで、効率の良い土地活用が可能です。

プラン×組み合わせで実現する高い敷地対応力 Recalo
不利な条件の土地でも有効活用できます

変形地や駅から遠い場所は、アパート・マンションには不向きです。戸建賃貸なら、狭小地や旗竿地などでも効率的に有効活用ができます。

不利な条件の土地でも有効活用できます Recalo

POINT03

家賃収入でマイホームのローン返済も可能。

マイホーム建設と同時に敷地内に戸建賃貸住宅を建てることで、その賃貸収益から住宅ローンを補うことができます。また、人気の高い戸建賃貸は同地域・同規模のアパートなどの賃貸料に比べて10%以上の高い家賃設定を見込める可能性があります。このため、自宅分のローンを返済しながら長期にわたって安定した収入を得ることができるのです。

Case Study

自宅+賃貸 1棟2戸を建てた場合
【45C自宅+45A賃貸】
建物本体価格 戸建賃貸2棟
1,510万円
外構・付帯工事費等
200万円
必要経費
80万円
小計
1,790万円
消費税
143万円
合計
1,933万円

設定家賃:10万円の場合(借入総額 1,900万円)

自宅部分 賃貸部分
借入額 1000万円 900万円
借入返済(月額) 28,229円 40,046円
家賃収入(月額) 0円 10万円
収支(月額) ▲28,229円 59,954円
月額収支
59,954円-28,229円=31,725円
年間収入
31,725円×12ヶ月=380,700円

月々の家賃が10万円の場合、家賃収入で自宅部分のローン返済が出来る上に、賃貸部分の返済が終了すれば、全ての賃料収入は老後の家計を支えます。

※自宅ローンは金利1.0%35年返済、アパートローン金利1.5%22年返済で試算した場合の試算例となります。金融機関によりローン条件、契約内容は異なります。上記数字の消費税は千円単位で切り捨てています。また、建てるエリアにより付帯工事費等の他、別途経費がかかる場合があります。借入返済部分についての金額は、1円単位の繰り上げによるものとなります。

POINT04

20%以上の高い利回りも実現できる。

戸建賃貸住宅はニーズが高く、長期入居となるケースが多いため安定経営が期待できます。またエリアによっては高い家賃設定が見込めることから、20%以上の高利回りで賃貸経営をすることも可能です。また、狭小・変形した土地や郊外の土地であっても、それぞれに合ったレイアウトで建設することができるので、効率のよい資産活用が実現します。

Case Study

賃貸2棟を建てた場合
【45A×2戸】
建物本体価格 戸建賃貸2棟
1,456万円
外構・付帯工事費等
100万円
必要経費
80万円
小計
1,636万円
消費税
131万円
合計
1,767万円

ニーズやエリアによって家賃設定は異なりますが、いずれも高い利回りが期待でき、10年未満で投資金額を回収できるケースがほとんどです。レカロは初期投資を極力減らし、安定した収益を生み出す資産活用方法です。オーナー様が所有する土地の広さや形状に柔軟に対応することはもちろん、夢やご希望、将来設計に合わせた最適なプランをご提案させていただきます。

Case01 1棟の家賃が月々15万円の場合 Recalo
Case02 1棟の家賃が月々12万円の場合 Recalo
Case03 1棟の家賃が月々8万円の場合 Recalo

平均6?7年程度で投資金額が回収可能です。回収期間が長く、入居率や入居期間が安定しないアパート経営と比べると利回りの高さだけでなく、8年後からは安定した収入が確保できます。その収入を次の戸建賃貸の資金として運用することも可能になります。

VARIATION

ワンランク上を求める入居者ニーズに応える多彩なバリエーションのプラン例をご紹介。

  • 2LDK 南入り玄関 親子3人の生活スタートに最適ミニマムプラン Recalo
    2LDK 《南入り玄関》

    親子3人の生活スタートに最適ミニマムプラン

    キッチン、洗面、浴室を最小スペースで行き来する家事導線。2階の洋室はそれぞれ6帖とし、北側の部屋にはウォークインクローゼットとクローゼットを、お子さまの部屋に想定される南側の部屋にはウォークインクローゼットを。

    Spec45B(4,550×6,370)

    1階床面積
    29.19㎡
    2階床面積
    26.70㎡
    延床面積
    55.89㎡
    建築面積
    29.19㎡
    施工面積
    61.10㎡
     
     
  • 3LDK 南入り玄関 収納たっぷり、3人家族+におすすめプラン Recalo
    3LDK 《南入り玄関》

    収納たっぷり、3人家族+におすすめプラン

    キッチンクローク、リビングクロークと1階の収納スペースが充実している為、料理好き、多趣味なご家族などにおすすめプラン。2階南側の洋室は夫婦寝室として想定、北東の洋室は子供室として。それぞれ大きめの収納を設けております。もう1室の洋室は予備室として趣味室や子供室として多目的に利用できます。

    Spec63B(6,370×7,280)

    1階床面積
    46.58㎡
    2階床面積
    43.26㎡
    延床面積
    89.84㎡
    建築面積
    46.58㎡
    施工面積
    95.88㎡
     
     

資料請求はこちら