2019.06.21間取り・デザイン

大人気「吹き抜けリビング」におすすめの間取り&インテリア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

吹き抜けリビング多くの人が一度は憧れる「吹き抜け」。中でも明るく開放感ある「吹き抜けリビング」は、これから家を建てようという方に特に人気があります。
そこで今回は、吹き抜けリビングにおすすめの間取りとインテリアをご紹介します。

吹き抜けリビングの魅力

リビングの天井がなく、二階とつながっている吹き抜けリビングには、多くのメリットがあります。これから家づくりをお考えの方はぜひ参考になさってください。

開放感がある

吹き抜けを採用する最大の魅力が、リビングが開放感のある空間になることです。視線が本来の天井部分でとどまらず、その上部へと抜けるので広く感じます。天井が高いと部屋は広く見え、ゆったりとした印象に。
家族が多いご家庭や、広いリビングを確保できないご家庭など、できるだけ圧迫感を感じたくないという場合にもおすすめです。

光を取り込み明るい部屋になる

開放感と同じくらい重要なのが、採光・明るさ。吹き抜けの上部(二階部分など)に窓があれば、陽の光は一階のリビングまで届き、日中は明るい部屋で過ごすことができます。
隣家が日当たりを遮っていて一階部分が暗くなりそうなら、吹き抜けにして二階から明かりを取ることもできます。吹き抜けは、明るい家にしたいという希望を叶える一つの方法でもあるのです。

家族の気配を感じられる

リビングの天井がなく空間が二階に繋がっているので、家族の気配を身近に感じられ、他階にいる家族に声を掛けやすいというメリットがあります。小さなお子さんや高齢者のいるご家庭でも安心ですね。

また、吹き抜けがあることで家の中の風通しが良くなります。シーリングファンを使えばさらに効果がアップするでしょう。

吹き抜けリビングにおすすめの間取り

おすすめの間取り吹き抜けリビングには色々な間取りがありますが、特におすすめしたいのは「リビング階段」です。

従来、階段といえば部屋の外に設けられるものでしたが、リビング階段は部屋の中に設置されます。先進的な雰囲気で、デザイナーズルームでよく見られる間取りです。

そんなリビング階段の中でも、特におすすめなのが螺旋(らせん)階段です。

螺旋階段は省スペースで機能的!

一本の柱を軸にぐるりと取り付けられた螺旋階段は、通常の階段と比べて省スペースで設置できるため、狭小住宅でも重宝します。また、螺旋階段は光を遮らないので、吹き抜けリビングの長所である明るさを損なわずに設置することが可能です。

美しい曲線のフォルムがオブジェのよう

螺旋階段は、それ自体がまるで造形物のようなアーティスティックなフォルムです。階段としての実用性はもちろん、その存在感に惹かれる方も多いでしょう。
吹き抜けリビングとの相性も素晴らしく、特別なことをしなくても、螺旋階段があるだけで洗練されたオシャレな雰囲気を楽しむことができます。

このようにメリットが多い螺旋階段ですが、大きな家具・家電を二階に上げるのが難しいため、別の搬入方法を考える必要があります。

吹き抜けリビングと好相性のインテリア

好相性のインテリア日中は明るい自然採光が特徴的な吹き抜けリビングですが、夜は灯りを使って雰囲気のある空間を楽しめます。

照明を駆使しておしゃれな空間に

吹き抜けには、開放感を活かしたライティングが相性抜群!ペンダントライトやスポットライトの他、壁付けのブラケットライトといった照明器具がおすすめです。

ペンダントライトは、吹き抜けの天井部分からリビングまでスーッと下がる長いコードが、吹き抜けの高さを強調して印象的です。設置する場合は、二階から見下ろしたときに光が直接目に入らない高さが良いでしょう。
スポットライトとブラケットライトは、補助照明としても効果的です。ブラケットライトの取り付けには工事が必要なので、電気設備の打ち合わせの際に施工業者に伝える必要があります。

シーリングファンライトで空気の循環も兼ねる

シーリングファンライトとは、シーリングファンに照明機能がついたものです。吹き抜けリビングの空気を循環させるほか、照明も兼ねる優れもの。見た目も高級感があるため空間がグッと上質なものになります。

ただし、シーリングファンや照明は、電球の交換や掃除などのメンテナンスが必要です。高所に取り付けられたものは、簡単には取り外せません。メンテナンス法については、吹き抜けを作る際に設計士や電気設備士に相談することをおすすめします。

おわりに

マイホームを検討中の方に人気の「吹き抜けリビング」をご紹介しました。明るさや開放感溢れる吹き抜けリビングは、家族の集う場になるでしょう。螺旋階段を設けることで、もっとおしゃれで個性的かつ機能的な住宅づくりが実現します。狭小住宅や明かりが採りにくい一階…など、家の弱点を素敵な空間に変える吹き抜けリビング。ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

家づくりに役立つガイドブックを無料でご提供

家づくりに役立つガイドブックを無料でご提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
スマチエ編集部

スマチエ編集部

これから家を建てたり、購入を検討している方たちは、どんなことを思い、なにを重視しているのでしょうか。レオハウスがまとめた皆様の声や家づくり調査をご紹介します。