2019.03.27間取り・デザイン

住みやすい家づくりのコツは収納にあり!注文住宅におすすめの収納スペース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注文住宅におすすめの収納
快適で住みやすい家には収納スペースが欠かせません。収納スペースは、ただ広ければ良いというものではなく、使い勝手の良さも大切なポイントです。
注文住宅を建てるならば必ず検討しておきたい収納スペースについて紹介しましょう。

収納スペースの考え方

収納スペース暮らしに必要なものをすっきりと収納できることは、毎日を快適に過ごすことにつながります。家族構成や趣味、生活スタイルなどに合わせた収納スペースをつくれば、使い勝手が良くなるだけではなく、時間を有効に使うことにもつながるでしょう。

収納スペースの「広さ」はどれくらい必要?

収納スペースに必要な広さを検討するためには、どの程度の荷物を収納するのか把握することから始まります。まずは、いま住んでいる家にある荷物の量と、収納スペースの容量のバランスが釣り合っていたか振り返ってみましょう。引っ越しのときに多少は処分しても、一般的には長く住めば住むほど荷物は増えていくものです。荷物の量と収納スペースを把握できたら、少し余裕をもったスペースを想定すると良いしょう。

収納スペースの場所は「動線」を考えよう

キッチンツールでも掃除道具でも、「使う場所」に近いところに収納すると、取り出すのも片付けるのも簡単になり、使い勝手の良さにつながります。
例えば、お風呂で使うタオル、下着、パジャマなどは、脱衣所に収納しておくと便利です。外出のときに着るコートは、寝室やリビングではなく玄関にコート掛けがあると良いですね。花粉症の方には、花粉を室内に持ち込まないメリットもあります。

注文住宅におすすめの収納スペース

注文住宅の収納スペース注文住宅であれば、自分たちの暮らしにあった収納スペースをつくることが可能です。設計時に検討したい収納スペースをいくつか挙げます。

ウォークインクローゼット

洋服の収納にはウォークインクローゼットがおすすめです。洋服はもちろん、バッグや帽子、アクセサリーなどのアイテムもまとめて収納できるため、お出掛けの準備がしやすくなります。また、十分なスペースを確保することができれば、衣替えをする手間を省くことができるでしょう。

壁面収納

リビングやキッチンの壁面を活用し、おしゃれな収納スペースにしましょう。壁面収納は、床から天井まで壁全面を収納にすることで、収納スペースを確保するだけではなく、すっきりとした印象を与えます。例えばリビングであれば、テレビやオーディオなどはあらかじめ設計に組み込んで、部分的に見せても良いですね。ごちゃごちゃした印象がなくなるでしょう。

パントリー(キッチンパントリー、食品庫)

キッチンでは壁面に収納をつくるだけではなく、パントリーと呼ばれる収納スペースをつくることがあります。まとめ買いした食材や、キッチンペーパーや保存袋など台所仕事に必要なものは、パントリーにストックしておくと便利です。長期間保存がきく食品や飲料をストックしておくことは、防災の点でも重要です。

シューズクローク(玄関クローク、土間収納)

玄関まわりの収納でおすすめなのはシューズクロークです。シューズクロークとは、玄関に直結して靴や外出に必要なものをまとめておける空間のことです。玄関をすっきりと見せつつ、必要なものをパッと取り出せる便利さがあります。
小さなお子さまがいる家庭では、ベビーカーや外遊びのおもちゃをまとめて置くことができます。釣り具やキャンプ用品など、趣味の道具をまとめておくのも良いでしょう。

屋根裏部屋

屋根裏部屋は、秘密基地や隠れ家的な空間として憧れている方もいらっしゃるでしょう。特に、狭小住宅でスペースの確保が難しい場合、屋根裏部屋を収納に活用することで、居住スペースの広さを保つことができます。

おわりに

収納スペースを上手に確保できるかどうかは、暮らしの快適さに関わります。注文住宅であれば、自分の持ち物や、これから目指していきたい暮らしに合わせて収納スペースをつくることができます。そのためには、自分たちの希望をハウスメーカーに伝えることが大切です。ハウスメーカーのアイデアも参考にして、住みやすい家づくりをしましょう。

家づくりに役立つガイドブックを無料でご提供

家づくりに役立つガイドブックを無料でご提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
スマチエ編集部

スマチエ編集部

これから家を建てたり、購入を検討している方たちは、どんなことを思い、なにを重視しているのでしょうか。レオハウスがまとめた皆様の声や家づくり調査をご紹介します。