2019.03.26家づくり

【注文住宅】ハウスメーカー・工務店で選ぶならどっち?違いを知って賢く建てよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハウスメーカーと工務店の違い
あこがれのマイホームを注文住宅で建てるなら、納得できる・信頼できるところに依頼したいもの。注文住宅を建てる際、主な依頼先にハウスメーカーと工務店がありますが、どちらを選べばいいのか悩む方も少なくありません。そこで今回は、ハウスメーカーと工務店の違いやメリット・デメリットを紹介します。ぜひ参考にしてください。

ハウスメーカー、工務店とは?

はじめにハウスメーカーと工務店がどのようなものか、特徴を見てみましょう。

ハウスメーカーとは

ハウスメーカーとは、住宅建設関連の企業を指します。全国規模の大手住宅メーカーのほか、注文住宅に特化した中小規模のメーカーなど多岐にわたります。注文住宅のハウスメーカーには、以下の強みがあります。

  • 対応エリアが広いため、建設地を選ばない。
  • 注文住宅のパッケージプランを取り扱っているため、依頼しやすい。
  • 全国的に知名度が高く経営基盤も強い。充実したアフターフォローで安心して任せられる。
  • 展示場があり、モデルハウスの見学を通してイメージしやすい。

工務店とは

工務店とは、地域に密着した住宅の建設・建築を手掛けている企業です。ハウスメーカーとは異なる、工務店ならではの魅力もあります。

  • 注文住宅に関する自由度が高く、こだわりの住宅づくりができる。
  • 地域に密着した営業や事業展開をしているため、身近である。
  • その工務店ならではのこだわりや特色がある。

注文住宅を建てるならどちらがおすすめ?

注文住宅を建てるならハウスメーカーと工務店には、先ほどご紹介したようにそれぞれ強みがある一方、弱みもあります。
それぞれのアドバンテージとウイークポイントをチェックしてみましょう。

「安心とアフターサポート」ならハウスメーカー

ハウスメーカーの強みといえば、何といっても知名度の高さやアフターサポートの充実度です。経営基盤も強く安定しているので、建築段階はもちろん、建てた後も安心して住めるマイホームづくりができるでしょう。

一方で、注文住宅をパッケージ販売して建てることが多いことから、マイホーム設計や素材などの自由度が低くなるのではと懸念されるかもしれません。最近では、素材や色のバリエーションを豊富に用意しているハウスメーカーもあります。自分たちの希望を担当者に伝えることで、理想に近づけることができます。ぜひ積極的に相談してみてください。

「こだわりの家づくり」なら工務店

工務店の強みは、素材から設計まで自由度が高い注文住宅づくりが可能な点にあります。とことんこだわってマイホームを一から考えて建てることもできるでしょう。さらに、地域限定の工務店は大規模な宣伝を行わないため、コストが抑えられる傾向にあります。

しかし、工務店により職人の技術や施工方法、アフターサービスにバラつきがあります。また、展示場がないことも珍しくなく、施工例を目で見て確認できない場合があります。この点はやや不安といえます。

結論:注文住宅を建てるならハウスメーカーで

ハウスメーカーがおすすめ注文住宅を建てる上で「どうしても譲れない」というこだわりがないなら、安心感やアフターフォローの充実度からハウスメーカーがおすすめです。ハウスメーカーによっては、オプションで内装や素材を選べるところもあり、従来よりも自由度の高い注文住宅を建てられるようになっています。

また、パッケージ販売といっても複数のプランが用意されています。予算に応じて注文住宅を建てることができますので、費用面でも安心です。

おわりに

注文住宅のハウスメーカーと工務店の違い、それぞれのメリットとデメリットをご紹介しました。総合的に見れば、安心と設計の自由度のバランスがとれたハウスメーカーがおすすめです。ぜひ今回ご紹介したポイントを参考に信頼できる依頼先を見つけ、理想のマイホームを手に入れましょう。

家づくりに役立つガイドブックを無料でご提供

家づくりに役立つガイドブックを無料でご提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
スマチエ編集部

スマチエ編集部

これから家を建てたり、購入を検討している方たちは、どんなことを思い、なにを重視しているのでしょうか。レオハウスがまとめた皆様の声や家づくり調査をご紹介します。