2019.03.25家づくり

西日対策|やっぱり暑い?西向きの家づくり(間取り)でできる工夫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

西日対策の工夫
西向きの土地と聞くと、「西日が入るのはちょっと…」と敬遠する方も少なくありません。実は、西日や西向きの土地にもメリットがあり、少しの工夫で快適に暮らすことができます。今回は、西向きの家づくりで覚えておきたい、間取りや西日対策の工夫をご紹介します。

西日はやっぱり暑い?

太陽は東から昇り西に沈むため、西向きの部屋には西日がお昼すぎから夕方にかけて差し込みます。この時間帯は、一日の中で気温が高くなる時間帯のため、壁や床などにたまった熱も放出されることから「西日は暑い・まぶしい」と感じるのです。

夏の西日は辛さもひとしおですが、逆に冬は西日の部屋は光熱費が抑えられるといったメリットがあります。これからご紹介する西日対策や工夫により、西日の暑さを軽減することも可能です。

西向きの家づくりでできる「間取り」の工夫

西向きの家の間取りのポイントは、「午後から夕方にかけての西日が入る時間」を考慮することです。西向きの家で覚えておきたい間取りの工夫を二つ見てみましょう。

1.西側は窓や部屋を少なく

西向きの家でできる工夫
西側に位置する部屋に西日が強く当たります。そこで、西側の部屋数を少なくする、窓を小さくしたり少なくしたりして、西日が差し込まないようにする工夫が有効です。

窓が小さかったり少なかったりしても問題がない、むしろあまり見られたくないスペースを西側に配置することをおすすめします。
例えば、お風呂やトイレなどの水回りスペースは、大きな窓は不要でしょう。また、リビングを広く設けて、西側の壁を一面収納棚にしてしまうのも一手です。

2.「午後は使わない部屋」を西側に集める

西向きの部屋でも、西日が当たる時間帯に使うことが少ない部屋なら、さほど気になることもないでしょう。
例えば、お風呂は夜または朝に使用する家庭が多いかと思われるため、プライバシー保護を兼ねて西側に配置することをおすすめします。あまり人が出入りしない収納スペースに充ててもよいでしょう。ただし、食品など直射日光や高温を避ける必要がある物の保存には向かないので気を付けてください。

西向きの家でできる「暮らし方」の工夫

次に、西向きの家で快適に暮らすために取り入れたい三つの工夫をご紹介します。

1.西日を入れない

西日を入れない
物理的に窓をふさいで西日が入らない工夫をするのも有効です。日差しのまぶしさと暑さを軽減できるため、西日が差し込む時間も気にせず部屋で過ごせます。

  • 大きめの庇(ひさし)をつける。
  • カーテンやブラインド、すだれを窓につける。
  • 夏場はゴーヤなど植物のグリーンカーテンを活用する。

2.窓の断熱性を高める

暑さが心配な場合は、窓の断熱性を高めるのもおすすめです。

  • 断熱効果のある窓ガラスやサッシに入れ替える。
  • 窓に断熱フィルムを貼る。

窓の性能については、設計時にハウスメーカーに確認してみましょう。

3.西日を有効活用する

西日にはデメリットが多いイメージがありますが、考え方によっては有効活用することができます。
例えば、洗濯物を干す時間を少し遅めにすると、西日が当たりよく乾きます。また、西日の当たる部屋に布団を置いてカーテンを全開にしておけば、布団に太陽光を当ててフカフカにすることも可能です。

おわりに

今回は、西日の当たる部屋や西向きの家で快適に暮らすための間取りや工夫をご紹介しました。設計段階で西日対策を取り入れた間取りを検討することが、快適に暮らすためのポイントです。ハウスメーカーに西日対策を相談すると、断熱性の高い窓や壁材など解決策を提案してくれるでしょう。ぜひ参考にして、理想の注文住宅を実現してください。

家づくりに役立つガイドブックを無料でご提供

家づくりに役立つガイドブックを無料でご提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
スマチエ編集部

スマチエ編集部

これから家を建てたり、購入を検討している方たちは、どんなことを思い、なにを重視しているのでしょうか。レオハウスがまとめた皆様の声や家づくり調査をご紹介します。