2018.10.03注文住宅とは

【一戸建ての購入】注文住宅と建売住宅の違いは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注文住宅と建売住宅の違い

一戸建て住宅の購入は、人生の中で非常に大きなイベントです。それだけに、満足度の高い家を手に入れたいと考えている方は多いことでしょう。しかし、一戸建てには注文住宅と建売住宅があり、どちらが良いのか迷うことがあるかと思います。

そこで今回は、注文住宅と建売住宅それぞれの違いについてご紹介します。

自由度が高い!注文住宅を購入するメリット

注文住宅を購入するメリット 注文住宅とは、設計事務所・工務店・ハウスメーカーなどに設計や工事を依頼して、家を建てることです。予算や希望に沿った家を建てたいという方にはぴったりの住宅といえます。

自由度が高い

オーダーメイドを基本とする注文住宅の魅力は、自由度が高いところです。好きなデザインの外装・内装にしたり、最新の水まわりにしたり、自由に仕様を決定できます。

自分や家族の好み、ライフスタイルなどに合った住まいを手に入れられる点はうれしいポイントです。依頼する業者と相談しながらじっくり決めることができます。

予算の調整ができる

一戸建ての注文住宅は費用が高いイメージがあるかもしれませんが、必要であれば予算の調整が可能です。こだわりたい部分にはお金をかけ、こだわらない部分はコストを下げるなどして、費用にメリハリをつけることができます。予算に合わせて、理想の家を建てられることが注文住宅の魅力といえます。

即入居可?建売住宅について

建売住宅の魅力 建売住宅とは、完成した家もしくは完成直前の家です。販売価格が決まっているため、予算に合うかどうか判断しやすいというメリットがあります。

注文住宅と建売住宅の違いは、建売住宅は自由度が低く、決められた設備や条件の中から物件を選ばなければならない点です。

即入居できる家が多い

建売住宅を購入するメリットは、「即購入・即入居」ができるケースが多いことです。建売住宅への入居は、賃貸物件へ引っ越すくらい容易で、住宅の周辺環境が気に入った場合、すぐに引っ越して、即入居できます。

住宅ローンの相談がスムーズ

土地と建物の代金が明確な建売住宅は、面倒なローンの相談が少なく済むケースが一般的です。建売住宅を得意とする業者なら、買い手の予算に合わせた金融機関をおすすめしてくれるため、ローンの相談がスムーズにできるでしょう。

立地条件が良い建売住宅は多い

建売住宅の中でも、大きな家を解体して土地を分割する形式で売りに出している場合、近隣環境や立地が良い場合があります。家選びはもちろん大事ですが、生活環境などの外的要因も含めて考えることが大切です。

理想の住宅を手に入れたい方には注文住宅がおすすめ!

注文住宅と建売住宅には、それぞれに魅力やメリットがあります。しかし、「家づくりは一生に一度の買い物」であり、何度も買い替えることは難しいでしょう。購入後に後悔することがないように、ご自身のお好みや生活スタイルに合った住まいにこだわってみてはいかがでしょうか。外観や内装の素材にこだわりがある方や、取り入れたい設備が決まっている方には、理想のマイホームを実現できる注文住宅がおすすめです。

おわりに

今回は、注文住宅と建売住宅の違いやメリットを中心に、それぞれの魅力をご紹介しました。

住宅は家族が生活したり、くつろいだりしたりするために大切な場所です。自分の理想の家づくりをしたいという方には注文住宅をおすすめします。

家づくりのギモンを解決!特典付き個別相談会実施中

家づくりのギモンを解決!特典付き個別相談会実施中

レオハウスの建築実例などカタログ請求無料

レオハウスの建築実例などカタログ請求無料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
スマチエ編集部

スマチエ編集部

これから家を建てたり、購入を検討している方たちは、どんなことを思い、なにを重視しているのでしょうか。レオハウスがまとめた皆様の声や家づくり調査をご紹介します。