2017.01.26アンケートコラム

いつかくる大地震のために……免震装置、つけますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地震大国日本。遠くない未来、大地震が起こるとも言われていますよね。この国に住んでいる限り、どこに住んでいようとも、地震が起こる可能性からは逃れられません。そんな環境下に建てる家のため、現在では地震対策も増えてきています。コストはかかってきますが、安心安全には変えられない免震装置。我が家に取り入れる!という方は、果たして多いのでしょうか。

【質問】
多少コストがかかても家に免震装置を設置したいですか?

【回答数】
はい:33
いいえ:11
かかるコストにもよる:56

 

「はい」「いいえ」ではやっぱり「はい」に軍配が上がりました。

アンケートの結果、圧倒的に多かったのは「コストによる」でしたが、「はい」「いいえ」の二択では、「はい」の勝利でした。

・今は免震、耐震、制震と様々な工法があるのでそれぞれの特徴を調べて優れた工法にしたい。(50代/男性/自営業(個人事業主))
・東日本大震災の時の揺れがすごかったので多少お金がかかったとしても家を建てるなら必要だと思います。(40代/男性/無職)
・東南海地震がくることが予想されており、地震がいつ来るのか怖いから(20代/男性/学生)
・免震装置により、地震災害の揺れから 100%、家が守られるならば 設置してもいいと思う。(30代/男性/会社員)
・安全な家でなければ住んでいても安心できないので重要だと思う。(30代/男性/自営業(個人事業主))

東日本大震災以後、地震が多発していることから、コストがかかってもつける、という方が多いですね。現在では対策方法も種類が増えているので、予算に合わせたものを選ぶことも出来るのでしょう。実際に地震で家が倒壊した経験を持っている方もいました。効果がどれほどまであるのかはさておき、やはり出来る対策は行いたいという気持ちが強いのでしょう。

その免震だって「絶対」ではありません!

「いいえ」派は少数派、そして断然多かったのが「コストによる」という結果になりました。

・壊れたときは壊れたとき。天命に任せます。その分、地震保険余計に入ります(50代/男性/パートアルバイト)
・地震が怖く一軒家を持つ気がないので、免振装置のあるマンションを探す(20代/女性/専業主婦)
・自宅がかなり海岸線に近いところにあるので、耐震設備を強化しても津波でやられる率が高いので。(50代/男性/専業主夫)
・建物の基礎そのものを取り換えないといけないイメージがあるので、とても費用が掛かりそうです。(40代/男性/パートアルバイト)
・生活が楽ではないので、あまり費用が掛かるようなら、考え直さざるを得ないから。(50代/男性/自由業・フリーランス)

「いいえ」派には、無理してまで高額なコストをかけることは無駄だという意見が目立ちました。どれだけ対策を施しても、それを上回る災害がくれば、家は壊れる!というきっぱりした意見も多いです。確かに、自然災害に「想定外」はつきものですよね。

「コスト次第」派では、本心ではつけたいけど…という人が多い中で、すでに家を持っている方も。今の家につけ直すことは、新築でつけるよりもコストがかかりそうなイメージがありますね。築年数によっては、わざわざお金をかけるのも、と躊躇しそうです。

安心を買う?最悪のときは諦める?

本心では「つけたいなあ、つけておいた方がいいんだろうなあと思っているんだけど…」という声が多数でしたが、やはりコスト面は大きい、という結果になりました。免震装置をつけたら絶対に大丈夫というわけでもありませんからね。でも、ある程度までは効果があるものですし、つけることによって安心は買えるわけですから、予算と重ね合わせて、折り合いのつけられるラインを探るのが多数派の判断になるのでしょう。無理矢理つけることによって普段の生活が破綻してしまうことは本末転倒です。納得出来る結論を、ご家庭で決断するしかないのでしょうね。

■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2016年11月15日~2016年11月29日
■有効回答数:100サンプル

家づくりに役立つガイドブックを無料でご提供

家づくりに役立つガイドブックを無料でご提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
スマチエ編集部

スマチエ編集部

これから家を建てたり、購入を検討している方たちは、どんなことを思い、なにを重視しているのでしょうか。レオハウスがまとめた皆様の声や家づくり調査をご紹介します。